「ほっ」と。キャンペーン

むらい さち☆Earth Colors

あまいろ

c0073387_11202680.jpg



台風の奄美にいます 笑。

今年も奄美の甘い色に会えると思うと楽しみです、amairoのんびり味わってきます。

話は変わりますが、先日ある企業さんのお仕事が決まりました。企業の顔でもある、あるものに僕の写真を採用してもらいました。

それは水中や風景写真でした。僕は自分でもちゃんと自分の写真を理解しているつもりで、まあ一般的な風景や水中写真とはちょっと違うと思っているし(ふんわり・ハイキー・ファンタジックな感じ)、そういう意識で写真も写しておりますが。それは、伝えたいこと伝えたい人たちがいるからでもあります。

きっとどんな写真でも、100人が100人「あなたの写真が好きです」なんてことは、あり得ないことだと思う。

僕の写真は正統派ではないから特に・・・(まあ、この辺のニュアンスは難しい・・・)。

僕自身、自分の写真が企業さんのアイコンなどに向いているとは思っていないし、そういうタイプではないと思う。

でも、今回の企業さんは、「むらいさんのどこにもない、独特の作風が、弊社の新しいことに挑戦していく姿勢と合わさったので」と言ってくれた。

僕は、その言葉にとても感動しました。

写真家として、こんなにうれしい言葉はありません。

それには、間に入っている制作会社さんが、僕を見つけてくれて、その企業にはむらいの写真がマッチしていると提案してくれたからです。

ほんとに感謝です。

それだけ自分の作品に共感をしてくれる人がいたことに、僕はうれしくて、変な話「世の中捨てたもんじゃないな~」なんて偉そうなことを考えてしまいました(笑)。

ひとりフリーランスなんかをやっていると、「このままでいいのかな?」「もっと違うやり方があるのかな?」なんてことは、しょっちゅう考えます。

そして、そうなるたびに自分を鼓舞してきました。

だからこそ、誰かが自分を見ていてくれたことが嬉しかった・・・。

きっと、それはこれからも変わらないんだろうけど、迷いながらもやっぱりこの道を進んでいくしかないと思った、ある日の出来事でした。
[PR]
by syachi-umi | 2015-07-11 11:19 | Comments(0)
<< みらいのきぼう ひびたび >>