むらい さち☆Earth Colors

ココハナを振り返って

「心に花をフォトプロジェクト」が始まったのが震災後。
SNSなどでお花の写真をアップしていたら、皆がフォローをしてくれて、多くの人がネット上に花の写真をアップしてくれた。
せっかくだからと、全国からお花の写真を集めて展示をしてみようとなり、動き始めた。

最初は都内の病院でスタート、
その後東北各地を回り、少しでも被災者の皆様の気が休まればと続け、現在までに25か所で展示を続けている。

c0073387_18231855.jpg

2012年に展示した石巻の「カフェヌーン」さん。
このカフェの窓からは川が見える。
暖かい時期だったのに、川沿いの木が枯れていた。
c0073387_1827189.jpg

以前は桜が咲いて綺麗だったそうだが、津波の時に潮が上がってきて、木が全部だめになってしまったと、カフェヌーンのママさんが寂しそうに話していた。

それを聞いた途端、頭の中がグルグルと動き出した。

正直、写真の展示はこちらの想いを押し付けているのでは?と思ったり、自分たちはそこにいれないし手ごたえが無く、ずっともどかしい思いだった。

そんな時、ママの話を聞いて実体のあるもので、誰かの役に立てるのでは?と思った。

木を植えるにはお金が必要、それも結構な額。
皆にお願いすればきっとお金はすぐ集まると思った。
でも、それはちょっと違うのでは?とも思った。
自分が関わるからには、一方的でなく皆がハッピーになる方法がいい。
そして継続してできることも重要だった。

僕には写真しかない、でも写真がある。

写真を使って何かできないか?
参加する人もハッピーでないと意味がない。
そこで考えついたのが、ココハナデイでした。

写真が好きな人たちが、知識やためになる話を聞き対価を支払う、そのお金が桜の植樹代となる。
そのためには人を集めれる人じゃないとだめだ、となり僕やスタッフの少ない人脈の中で写真家さんに協力してくださいとお願いをした。
そして多くの方が快く参加表明をしてくれた。
ほんとに嬉しかった。

イベントなんて運営もしたことのない、僕やスタッフでしたが、皆に助けられ、なんとかイベントを開催することができた。

c0073387_1831205.jpg


桜の植樹には、「一般社団法人つながり」さんが協力してくれて、無事に20本の桜を植えることができた。
c0073387_18355985.jpg

c0073387_1838205.jpg


僕ら一人一人にはなんの力もないけど、声をあげることによって多くの方に協力をしてもらい、それが大きな力になることを知ることができた。
そうやってなんとか続けてこれて今年で5回目。

今年から「ココハナデイ」を「ココハナ*フォトフェス」と名称を変更した。

正直ボランティア精神だけではこれだけ時間が経つと人も集まらないと思う。
ゴールは同じでも、写真で楽しむというのをもっと前面にだして写真のイベントとしてもっと充実させていきたい、そんな想いがあり名前を変更させていただいた。

今後は写真で自分たちが楽しんで、気づけばそれが人のためになっていた、そんなイベントができればいいなって思っています。

そして今年も来月の10月8-10日に開催されます。

今回も人気の写真家さんが多数ご協力してくれています。
写真家さんが自由に写真についてトークできる、それもココハナの特徴です。
今年も笑顔いっぱいのイベントになると思います。
c0073387_18401996.jpg

トークショーやセミナーに参加しなくても、
会場には各地を回ってきたココハナ写真展の作品の展示などもやっていますので、どなたでも楽しめます。

まだまだイベントなどの発表もあるので
お楽しみに(^-^)/
ぜひ会場に遊びに来てくださいね。

詳細はココハナページにて
☆ココハナブログ

☆ココハナFacebookページ

【ココハナ*フォトフェス2016】
日程: 10月8日(土)・9日(日)・10日(祝・月)
場所: 原宿 SO-SPACE
会場へのアクセス


c0073387_23372552.jpg

[PR]
by syachi-umi | 2016-09-19 22:00 | 日記 | Comments(0)
<< セブの海 子供達への写真の授業 >>